Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

民泊の消防設備

住宅宿泊事業の消防設備

2018年6月15日から施行される住宅宿泊事業法(民泊新法)で営業をする民泊施設は「住宅」という位置付けです。 しかし、消防設備に関しては注意が必要です。 住宅宿泊事業として使用する民泊施設の消防設備に関してわかりやすく...
民泊の消防設備

【民泊の消防設備】火災報知設備の設置基準

民泊を始めるにあたって、消防設備の費用が非常に重要になってきます。(詳しくは『民泊の消防設備』でご説明しています。) 特定小規模施設に該当する場合、安価な特定小規模施設用設備が使えますので、消防設備費を抑えることが出来ます。(...
民泊の消防設備

【民泊の消防設備】受信機とは

民泊の防災設備の中心となる「火災報知設備」はさまざまなパーツから成り立っています。 感知器(天井についている丸いもの)や発信機(火災を見つけた時に押すボタンがついているもの)からの信号を「受信機」が受けて警報を鳴らします。 ...
民泊の消防設備

民泊の消防設備の概算見積りが高い理由を徹底解説します!

「民泊用の消防設備の見積りを取ったら結構高い!」と思われた人も多いのではないでしょうか。 消防設備の見積は、一般的に平面図だけを見て出す「概算見積」と現地調査と消防署での打ち合わせ後に出す「正式見積」の2種類があります。 ...
民泊の消防設備

民泊を始めるために必要な消防関連書類

民泊を始めるためには消防設備を設置前後に消防署に書類を提出して、きちんと法令に適合した設備を設置しているという通知書をもらう必要があります。 消防設備届出書類作成 消防設備を設置するだけでは民泊の営業許可は取得できません...
民泊の消防設備

民泊の消防設備が安くなる!?特定小規模施設とは

民泊は不特定多数の人が出入りするため、「特定防火対象物」とされています。 特定防火対象物は不特定多数の人が出入りする建物ですので、火災が発生した場合に人の命が危険にさらされる可能性が高いと言えます。 ですから民泊を始める...
民泊の消防設備

民泊の消防設備

株式会社アイニーでは、民泊に必要な消防設備の設置、消防署へ提出する書類の作成、消防検査の立会い、消防法令適合通知書の交付申請といった、民泊の営業を開始するために必要な一連の消防に関する作業をお受けしています。 総務省の『民泊の...
お電話はこちら